WANTED CELICA の顛末記: CELICA goods

2008年06月02日

トヨタ・セリカ(TA22)

20080523_celica_01.jpg

これも先日出てきた1/100のおまけのミニカー。
初代のセリカですな。
スポーツカーとは違うスペシャリティーカーという感じがします。

20080523_celica_02.jpg

なだらかなテールも特徴的です。
いすゞ117クーペに通じる官能的魅力がありますねぇ。



posted by wanted_celica at 22:50| 三重 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

日産スカイラインGT-R(C10)

20080523_skyline_01.jpg

家の片づけをしていたら出てきました。
1/100の縮尺なので小さいです。
コーヒーか何かのオマケでしょうか。
羊の皮を被った狼と言われたGT-Rですね。
1970年代前半に活躍したようです。
おじさんがこの車に乗っていました。

20080523_skyline_02.jpg

白い紙をバックに撮ったのですが、
小さいオモチャの割にはそれなりに撮れたかと・・・。
だんだんこういうミニカーが溜まっていきますわ(汗)。
posted by wanted_celica at 23:10| 三重 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

撮り方を変えてみた

20080429_civic_02.jpg

オマケのミニカーを写していて気になったのはバックの様子。
いつもは白木の机で撮影していますが、何だかゴチャゴチャしています。

20080429_civic_03.jpg

そこで、白い紙を滑らかに折り曲げたその上に置いてみるとミニカーだけが浮かび上がります。
雰囲気はこれで出たかな。
まあ、携帯カメラですからねぇ。
posted by wanted_celica at 21:24| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

CTR(イエローバード)

20080420_ctr_01.jpg

コンビニでコーヒー買ったら付いてきました。
「軌跡の名車コレクション CTR(ポルシェ911ベース)」だそうな。
当時、前人未踏の340km/hを叩き出したモンスターマシンとのこと。
ポルシェというと「サーキットの狼」で主人公のライバルが乗ってましたな。
あのカエルみたいな顔が好きでなく、ランチア派だった私には
ポルシェという車の印象があまりありませんねぇ。
でも、この車の凄さは分かるようになりましたわ。

20080420_ctr_02.jpg

当時はスーパーカー消しゴムですら入手するのは一苦労だったのに、
こんなリアルなミニカーがオマケとは・・・。
当時高価なものが簡単に入手できるのとは裏腹に、
今じゃガソリンも食料もどんどん高くなって
簡単に手に入りにくくなっておりますな。
どうなってんだか、いったい・・・。

そうそう、今晩からヒラメ号で奈良行きです。
ガソリン安い間の遠出です。
ヒラメ君最後の遠出になって欲しくないものです(悲)。
posted by wanted_celica at 11:13| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

日産スカイラインGT-R(KPGC110)1973

20080407_skyline_02.jpg

1970年代の初め頃、叔父がハコスカGT-Rを手に入れて、
名古屋からわざわざ京都の我が家まで見せに来たことがある。
小学生の私にはその価値が分からず、乗せてもらっても乗り心地が悪く、
カーブでハンドルを深く切ったらタイヤがフェンダーに当たったりして、
何だか変な車だったという記憶しか残っていない(笑)。

20080407_skyline_03.jpg

丁度その時の担任の先生が新車で買って学校に乗ってきたのが
同じスカイラインという名前の車だった。
でも叔父のとは違って随分スタイリッシュでカッコイイ。
それが4代目(C110型系)のいわゆるケンメリ。
CMでもよく見ましたね。
「愛のスカイライン」とかキャッチフレーズがありました。
先生のは今思うとGT-Rではなく4ドアセダンだった。
この車にも家庭訪問の誘導で乗せてもらったのが思い出がある。

20080407_skyline_02.jpg

このミニカーはレースに出ることのなかったケンメリGT-R。
細かいところまでよくできていますねぇ〜。
このケンメリを見ると小学生の時に見た二台のスカイライン
ハコスカとケンメリを思い出します。
どちらも35年ほど前にリアルタイムで乗せてもらったなんて
オッサン以外の何者でもない(笑)。
posted by wanted_celica at 18:50| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

ホンダ・シビック1/100

20080406_civic_01.jpg

先日コンビニ(サークルK)で缶コーヒーを買ったら付いてきたオマケ。
京商のHonda Miniature car Collection 1/100というもの。
あえてこのシビックをチョイス。

20080406_civic_05.jpg

この初代シビックはおばさんが乗っていたり、
自分の2代目愛車になる予定もあったりして、思い入れのある車です。
当時も燃費の良さを唱っていたような記憶があります。
随分時代を先取りしていましたね。
posted by wanted_celica at 20:31| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

リトラの原点

20080207_rx7_03.jpg

ささやかな小遣いでポチッと買いました。
KONAMI「絶版名車The Best」のマツダ・サバンナRX-7(SA22C)。

20080207_rx7_01.jpg

私が中学生の時に発売されたこの車は、国産車でも珍しいリトラ採用でした。
それ以前に国産リトラで思い浮かぶのはトヨタ2000GTくらい。
なので、RX-7の登場は強烈な印象が残っています。
この車の先代サバンナのプラモを小学生の頃作っていただけに、
いかつい顔からスマートなロングノーズのシルエットへの変身は鮮烈でした。
その時から、リトラへの羨望が植え付けられたのかもしれませんねぇ。
だって、数千万円のスーパーカーじゃなくても手が届くリトラなんですから。
それが今に至っているのでありますよ。

20080207_rx7_02.jpg

SA22Cのプラモ発売と同時にすぐに作りましたよ。
その時の色はメタリックグリーンでしたね。
確か田宮模型の1/24だったかな。
リトラも上下したような記憶があります。

そんな訳で、またまたコレクションが増えました(汗)。
まあ、思い出深い車だからいいか・・・。
あと、サニー(B210)とギャランΣとΛがあればいいなぁ。
posted by wanted_celica at 23:41| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

セリカ&スープラ No.4 MA61

20080114_celica_xx_02.jpg

セリカに乗っていると、色々セリカのオモチャを頂いたりします。
今回はコレ。
明治製菓「セリカ&スープラ」のセリカXXです。
買った方は何が入っているか分からず買ったそうな。
まあ、同じリトラ繋がりでありがたく頂いておりまする。
このXXも良いですが、同時期の半リトラのA60系セリカも好きでした。
A60系はリアルタイムで本気で乗りたかった車でしたねぇ。
リアルタイムだけにお値段が話にならなかったですが。
その点、ヒラメ君の8万円は安かった(笑)。
posted by wanted_celica at 19:14| 三重 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

KONAMI Car of the 80's EDITION BLUE

20070517_165_02.jpg

インターネットのアンケートで答えると、
100円とか50円とかの謝礼が貰えるのに登録していまして、
チマチマとやっていたら、塵も積もればということで、
結構な小遣い稼ぎができました。
それで、かねてより目を付けていた白のST165をオークションでゲット。
送料込みで300円もしませんでした。

以前にエディションブルーを店で買った時には
セフィーロが入っていて、そこで中止。
セリカが出て来るまで続けては買いませんでした。
狙っていたのはこの白のST165でした。
これが新車で走っていた時代には憧れましたねぇ。
リトラが流行りだした時期だと思うのですが、
この流面形はスポーツカーの域を越えた
不思議な美しい魅力を持っていました。

20070517_165_03.jpg

そもそも、今のヒラメ君に出会う前に
こっちを探していたというのが正直な話。
でも、初年度登録は平成でなく昭和ですから、
今後のメンテ&維持にたじろいでしまいました。

車のブログを徘徊しますと
今でもきちんとメンテされて
現役で乗っておられる方が
少なくないのには驚きました。
自分は整備するスキルがないので
次の型のST18でもヒーヒー言っております。
それでもとにかくヒラメ君は行く所まで行きたいですねぇ。
posted by wanted_celica at 23:02| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

年末はやっぱり紅白でしょ!

20061215_minicar_06.jpg

我が家のテレビは砂嵐の受信状態のため、
今年の紅白は見ることが出来ないと思います。
でも、例のST183(敢えて183と申します)ミニカーの
白色もゲットして紅白揃いました♪

白色も雰囲気が良く出ています。
20061215_minicar_04.jpg

でも、残念なのはやっぱり前面が透明なことなんだよな〜。
20061215_minicar_05.jpg
posted by wanted_celica at 17:08| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

EDITION RED 「CELICA GT-R」のディテール

20061109_celica_st182_08.jpg

横から見たセリカ。
サイドのプロテクトモールが黒。
初期型(1989年から)ですな。
その上の「TWIN CAM 16」文字もハッキリ読みとれます。
サイドビューもヒラメセリカのベッタリ感がよく出ています。

20061109_celica_st182_08.jpg
後ろから見た感じも雰囲気良く出ていますね。
「TOYOTA」のエンブレムもはっきり見えます。
同様に「4WS GT-R」のエンブレム…。
あれっ?!
4WSってST183と違うの?
どうなんですか?コナミさん!

20061109_celica_st182_09.jpg
このミニカーで残念なのは、前から見た所。
セリカと言うよりも初代エクリプスに見えるのは私だけか?
この部分を表現するのは確かに難しいですけどねぇ。
いちお「CELICA」の文字もあります。
うちのヒラメ君は消えかけている部分です(汗)。
透明よりも黒の方が雰囲気出ていたように思うのですけど…。

20061109_celica_st182_05.jpg
親ヒラメの後ろに子ヒラメ置いて〜♪
のショット。
後ろと横は良くできているんだけどなぁ〜。
posted by wanted_celica at 18:07| 三重 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

KONAMI Car of the 80's EDITION RED

20061109_celica_st182_06.jpg

来ました。とうとう。
エディションレッドのセリカGT-Rです。
この辺りで売っている気配もなく、
ネットでの大人買いもあっと言う間に売り切れ。
そんな中、赤のセリカをゲットできました♪
ST183じゃあなくて、ST182なのね。
まあ、ミニカーにはその差は関係ないですが…。

なかなか雰囲気をつかんでいて、良くできています。
細かいエンブレムもきちんと印字されています。
そうしたディテールはまた次回に…。

とりあえず、親ヒラメの横に子ヒラメ置いて〜。
20061109_celica_st182_03.jpg
posted by wanted_celica at 19:23| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

特報:とうとうヒラメ君がミニカーに!

80_edition_red.jpg

大型書店で1980年代専門の車の雑誌があったので立ち読みしちゃいました(汗)
そこにはスッゴク懐かしい車が沢山特集されていました。
自分が車の免許を取った頃の車達が目白押し!
ST18もギリギリ80年代なんですが、まさかある訳無いよな〜。
と思いながら、ぱらぱらとページをめっくてみると、
あらら、ヒラメ君が写っているじゃあア〜リマセンカ!
それも実車ではなくてミニカーで!
とうとう出ましたか!
ST185と違いますよ!
ST183(ST182?)のGT-Rですよ!
嬉しいじゃないですか!
初期型なので、モールが黒だったり、フォグが無かったり、まさにヒラメ君そのもの!

この車に今乗っている人は何人いるんだろう…。
その人のために…、
いや元オーナーも合わせれば需要が大きかったのでしょうねぇ。
ヨカッタ、ヨカッタ。

よく見てみるとこれは
コナミの食玩「Car of the 80’s EDITION RED」の1つだそうです。
残念ながら、ヒラメ君のブルーイッシュグレーメタリックは無いみたい。
白と黒と赤の3色。
シークレットであるのかなぁ…。
今年の10月末の発売ですって。
6箱セットBOXを買っても全ての種類が揃うとは限らないんだそうな。
ということはオトナ買いはできないのか?悩むな〜。
でも、恐らく唯一のST18系GT-Rのミニカーですから、見逃せませんわ。

ちなみにこんな所で予約できるみたい。
(アフィリエイトはしていません。ただの参考リンクです。)

http://item.rakuten.co.jp/atmart/x00750/
http://www.pord.co.jp/shopping/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000748

そういうワタクシはすでに「EDITION BLUE」のセフィーロを買っていましたとさ。
20060821_cefiro.jpg
本当はセリカST163GT-Rが欲しかったのだ!
でも、もうその手には乗らない!
と言いながら「EDITION RED」は欲しい。

posted by wanted_celica at 20:27| 三重 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

トミカ トヨタ セリカ No.96 1/60

20060722_tomica_zzt.jpg

セリカ乗りということでミニカーの貰い物が多いのですが、
これは別の友人からのプレゼント。
3年前に骨折して入院中に頂きました。
ヒラメ君が我が家に来た直後に怪我をしましたので、
ほぼ2ヶ月以上、ヒラメ君は放置状態でした。
バッテリー上がりを防ぐため、
免許を取ったばかりの奥方にエンジンを掛けてもらうよう頼むのが精一杯でした。
(運転してはいけないと言っていた)
バッテリーはその頃から厳しい環境にあったのでしょうねぇ。
友人はセリカに乗りたかろうと持ってきてくれました。

この赤のZZTトミカはよく見かけますね。
歴代のセリカの中で、より一層楔形になってきているデザインです。
20060724_celica_minicar.jpg
posted by wanted_celica at 07:55| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

TOMICA LIMITED CELICA/CELICA LB

20060623_tomika.jpg

これも前からアップしようと思っていてなかなか出来なかったのがこれ。
いろんな劇的?な事件がありすぎて、後回しになっていました(汗)。

これはショッピングセンターの玩具売場に勤めるココアさんの友人からのプレゼント。
在庫整理で500円で売っていたものを見て、我々のことを思い出してくれた。

好きなLBも二台入っていて嬉しい。
1600GTが2台とLB2000GTが2台づつ。
実はホイールが微妙に替えてありました。

これはダルマ1600GTの純正ホイール
20060722_tomica_gt.jpg

そしてこれは社外の8本スポーク。ワタナベか?
20060722_tomica_lb.jpg

でも、箱から今まで一度も出したことが無く、飾っておりました。
今回、撮影のために出してみました。
20060722_tomica_gt_st_02.jpg
ちゃんとタイヤも回ります。
タイヤの溝も本格的でした。
ヒラメ君をバックに。
液晶はギラギラしなくてよいですね。
posted by wanted_celica at 17:57| 三重 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

「コナミ−絶版名車コレクション」トヨタ・カローラーレビン(TE27)

20060226_minicar_TE27_01.jpg

おじさんのハートを射止めた、「コナミ−絶版名車コレクション」ですが、
日産車を買ったらやっぱりトヨタ車もでしょう。
ということでカローラ・レビンの登場。
これも本物が走っているのを見ましたし、
近所のお兄さんに乗せてもらったこともあったと思う。
当時の子供のワタシは気にならなかった車。
でも、なぜワザワザタイヤの所が広がって入るんだろう(オーバーフェンダー)
と不思議に思っていた。
今、それ(オフセット関係)で色々悩んだ自分がいるのが面白い。

この派手なオレンジも当時は当たり前にありました。
今は白・銀・黒系が全盛ですが、
当時はパールとかメタリックなんかほとんどなくて、
ソリッドカラーばっかりだったような記憶があります。
そのソリッドカラーにはこのオレンジやベージュ(渋い〜)
赤・黄なんかを思い出します。
オレンジで思い出すのがこのカローラ。
ベージュは初代アコード。
赤は二台目ファミリア。
黄はチェリー。
かな。

当時の雰囲気が良く再現されています。
posted by wanted_celica at 21:38| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

「コナミ−絶版名車コレクション」日産フェアレディZ

20060226_minicar_S30_02.jpg

子供の頃、セリカに次いでインパクトが大きかったのはこのS30のZ。
ライトの部分がえぐれているのが刺激的でした。
そして流れるようなリアウインドウ、ストンと落ちたテール。
スーパーカーブーム前の国産車で「お〜!」と思ったのは
このZとセリカリフトバックと117クーペでした。
いずれもこれらが現役で走っているのを見られた時代だったのは幸せでした。

さて、「コナミ−絶版名車コレクション」ですが、
よくもおまけの名を借りて我々おじさんに買えとばかりに挑んできたもんです。
何個か買っちゃったじゃないですか〜!
ミニカー自分で買うなんて久しぶりですよ。

しかしま〜、おまけでこんな精巧なものをよく作ったものだと思います。
小学生時代はプラモ少年でしたから、ホビーカラーやデカールを塗ったり貼ったもんです。
その経験ではこれはかなり大変なことと思われます。
恐るべしチャイナパワー。

どうもリアが綺麗に流れた車が好きかもしれん。
posted by wanted_celica at 19:59| 三重 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

プラモ未だ手につかず…

20060424_celica_plamo_01.jpg

とあるブログで所有している自分のセリカに似せて精巧に改造された
「TOYOTA CELICA GT-R」のプラモの写真を見ることができました。
自分も同じプラモを3年ほど前に入手してそのままになっていたので、
久々に箱から出してみました。

おわり。
posted by wanted_celica at 23:42| 三重 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

カタログ 1990年9月 その5 Interior

20060227_celica_catalog_11.jpg

パワーユニット・フットワークと続いて、このページはインテリアです。

最初にセリカ・スーパーライブサウンドシステムの説明。
フロント3ウェイ&リア2ウェイの10スピーカーがそれなので、
うちのセリカは違いますね。
うちのはドアミラーのツィーターとハンドル脇のスピーカーがフロントで、
リアは座席横のスピーカーだけなので、
合わせて3ウェイ6スピーカーといったところでしょうか。
元々付いていた純正カセットレシーバーはカセットが壊れていたので、
社外品に入れ替えてあります。

そしてSRSエアバッグの説明。
GT-Rにオプションとのことですが、うちのは付いていませ〜ん。

他にテレスコピック機構(以前言及したようにお気に入りです)、
オートチルトアウェイ機構というキーを抜くとハンドルがチルトアップする仕組みについて触れられています。
これも乗降するのにいいですよ。
乗り込む時にハンドルを手前に下げてカチッと音をさせるのが儀式のようで、
これから車を発進させる気合いを入れる感じでいいんです。

そして空調のプッシュ式コントロールパネルの解説。
メーターすぐ脇にあって、とにかく操作関係がドライバーに向かって集中しているのがイイですね。

あとはフロントスポーツシートについて。
電動式のランバーサポート・サイドサポート付き8ウェイアジャスト機構付きのシートは
GT-R以上のグレードに付くのだそうな。
うちのにも付いていますよ。
こういうサポート感のある車に乗ったのは初めてだったのでこのシートはとても気に入っております。
あと、腰の部分も電動で出っぱったりして長時間の運転にも優しいですね。
他の車にあまり乗りたいと思わない主な理由に
このカタログにあるインテリアの特色が関係していますね。





posted by wanted_celica at 21:30| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

カタログ 1990年9月 その4 Foot Work

20060227_celica_catalog_10.jpg

カタログの続きです。
このページにはフットワークをテーマに、足周りのことが解説されています。
左ペ−ジを使って『トヨタ・デュアルモード4WS』のことが説明されています。
この機構は後輪の切れ角・方向を、車速およびハンドル舵角に応じてコンピューターで制御する、
先進の車速感応型電子制御4WSとのこと。
スポーツとノーマルの二つのモードが選べます。
私のセリカにもこの機構が搭載されていて、最近はずっとスポーツモードで走っております。
感触としては後輪がスライドするような旋回感と言いますか、車のお尻がクネクネする感じ…
ドリフトとは違いますなぁ。
慣れるとこれがいいんです。
特にこちらの地域では急カーブが多い道が何カ所かありますので、4WSの出番はあります。

右ページにはサスペンションとブレーキ・タイヤの説明があります。
我がGT-Rにはマクファーソンストラット式4輪独立懸架サスペンションが奢られています。
この機構がどうなのかはいまいち違いは分かりません…(汗)
あと、電子制御サスペンションTEMSとかフルタイム4WD・4輪ABSの説明もあります。
TEMSはGT-RとZ-Rにオプションで装着されるそうです。

タイヤ&ホイールはこの中で205/60R14 87Hハイグリップスチールラジアルタイヤ
&14X6JJアルミホイールが愛車に当てはまる。
ちなみに現在は前輪に横浜タイヤDNA GPを履いています。
posted by wanted_celica at 21:56| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CELICA goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。