WANTED CELICA の顛末記: another CELICA

2008年06月21日

マツダRX500

mazuda_RX500_front.jpg

ネットのニュースによると、伝説のスポーツカー
マツダRX500が復活するという・・・。
博物館の展示みたいですね。
広島で期間限定らしいのですが、見てみたいものです。
え〜、童夢ゼロとかは知っていましたが、
これは知りませんでした・・・。
1970年というとまだ小学校に入ったばかりで、
車には興味が無かった頃でしょう。
それにしても今でも古さを感じさせないカッコイイ形です。

mazuda_RX500_back.jpg

何となく、ロボット刑事の車に似ているような後ろ姿ですな(笑)。
ちなみにコレは復元したモデルカーの画像です。
売ってるようで、三万円ほど・・・。

参考リンク:asahi.com「伝説のスーパーカー「マツダRX500」復活」
参考リンク:ホビダス「特注ヨウモデリ・マツダRX-500」


posted by wanted_celica at 19:43| 三重 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

セリカの次の車

celica_norikae.jpg

あるサイトで紹介されていた中古車のガリバーの運営するサイト。
ここではセリカに乗っていた人が次に何に乗ったのかが分かるらしい・・・。
やってみると、一位はハイラックス、二位はbB、三位はインプレッサでした。
インプは妥当だと思うのですが、次の車は毛色の違う車に乗りたくなるのかな?
さらにその次の乗り換え時に軽四がエントリー。
やっぱり次があるとすれば軽四ですな。
次はないけど・・・(汗)。

参考サイト:Laboo!五感で探す車選び
posted by wanted_celica at 22:36| 三重 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

雰囲気だけでも

20070204_celica_haruna_toba_03_W41H.jpg

セリカ仲間でST185 GT-four A にお乗りの
harunaさんが、とうとう新しいホイールを買われたそうな。
やっとホイール探しの旅がおわるのでしょうか。

夏休みフル活動で働いている彼の車に
一足先に新しいホイールを装着してみました。
ベースの画像は今年の2月に鳥羽港で撮ったツーショット。
まあ、雰囲気だけ味わって下さいな。

事故されたワゴンRはこれから話し合いだなぁ…(悲)。
posted by wanted_celica at 14:00| 三重 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

OZクロノのST185

20070220_st185.jpg

ST18系の車には普段滅多に、いや全くと言っていいほど見ることがありません。
でも、今日は近所のショッピングセンターの駐車場で見つけちゃいました。
ST185のGT-fourです。
しかも、同じOZクロノを装着しています。
4輪クロノが付いた実物のST18を見るのは初めてなので、
ヒラメ君のOZ装着時のイメージをするにはいい機会でした。
かなりスポーティーになるかと思っていたのですけど、
むしろ落ち着いた感じでよく似合っていました。
5本スポークのホイールは他にも沢山ありますが、
このクロノは不思議とセリカによく似合いますねぇ。
スポークの微妙に湾曲した所と白色のボディと赤いロゴが
古いセリカにはうまくマッチしております。

それに運転席と助手席の両方が何とレカロですよ!
セミバケットの形でした。
どれも羨ましい…といってもOZは
もう実現したも同然なんですけどね…。

早く4本付けたくなってきました(汗)
posted by wanted_celica at 21:29| 三重 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ST185 GT-FOUR A

20070204_celica_haruna_toba_03.jpg

harunaさんとのオフ会の際にST185に試乗させていただきました♪
セリカの四駆ターボは初めてでしたので大変興味深かったです。
ギアチェンジもスムースで、メタル製シフトノブも心地よいです。
扱いやすいエンジンの回転で、初めて乗ってもそれほど違和感がありません。
ターボはちょっとアクセルを踏まないと効かない感じ。
その方が慣れない自分が乗るには丁度よいかも。

駐車場からスルスルとワインディングに滑り込ませます。
シフトチェンジしながらワインディング走るのは気持ちがいいですね。
カーブは4WSのヒラメ君の方がヒラリヒラリと駆け抜けられるものの、
GT-FOURもなんのなんのカーブでも十分な安定感があります。

ヒラメ君との乗った感じの違いは
よく言われることですが、重たさ。
ターボのパワーで
重いボディーをグイッと引っ張っている感じがします。
運転するにはチョイと気合いが必要かも。

それにしても、風格がありますねぇ。
ヒラメ君がなんだか貧粗に見えますよ。
20070204_celica_haruna_11_W41H.jpg

さて、以前からharunaさんのブログ記事にあった、
ホイールのオフセットの謎。
やっぱり、30mmワイドスペーサー付の+34?ホイールのようですね。
確かにホイールの表示にはオフセットが記入されていました。
ということは、この車+04のオフセットでもはみ出さないということなんでしょうか。
20070204_celica_haruna_toba_04.jpg
posted by wanted_celica at 23:04| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

haruna氏との二人オフ会 その2(鳥羽展望台編)

20070204_celica_haruna_05_W41H.jpg

鳥羽港からパールロ−ド鳥羽展望台まで、
この状態で二台連ねて走行。
なんか目立ちますな。
そして、パワーに勝るGT-fourはヒラメ君に時々接近してきます。
それをコーナリングでかわす4WSヒラメ君。

そして、展望台に到着。
またまた2台並べて撮影会。
観光客の方々は景色や恋人を撮しているのに、
オジサン二人は車をパチパチ。
そして、GT-fourを運転させていただきました♪

その後、展望台内の喫茶店でコーヒーブレイク。
ガラス張りの向こうに見える伊勢湾は
眩しい太陽の光の元で、キラキラと美しく輝いていました。
コーヒー2つを注文したのに、
ウェイトレスさんがおもむろに4つのコーヒーカップをセットしだしました。
あの〜、2つなんですけど…。
慌てて恥ずかしそうに片づけて行きました。
おかわりではなかったのか?
と二人で大笑い。

色々喋って11時に解散。
harunaさんはこれから奈良に向かい、momokaさん&彼氏さんとオフ会です。
では、気を付けて行ってきて下さい。と展望台でお別れ。
楽しい一時でした。

それにしても、同じ色のST18#が並ぶと濃いですねぇ〜。
存在感ありすぎ。
20070204_celica_haruna_01_W41H.jpg
この角度からでもヒラメ君のボンネットの曇りハッキリしてきましたねぇ。
haruna号もオールペンしたいとのことでしたが、
近くで見ると、その理由が分かるような気がします。
さて、どちらが全塗装するでしょうか?
いや、どっちもしないかも(汗)
posted by wanted_celica at 19:27| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

haruna氏との二人オフ会 その1(鳥羽港編)

20070203_DB3355_01_W41H.jpg

harunaさんが再び伊勢志摩来訪されるとのことで、
短い時間でしたが、二人オフ会を致しました。
鳥羽のフェリー乗り場にはすでにあのST185 GT-fourAの姿が!
30分ほど待たせてしまい、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

早速、ST18系ガンメタ2台を並べての撮影会&トーク。
心の傷は癒えたものの、フェンダーの傷はしっかり残っておりました(汗)。
しかし、オバーフェンダーといい、
エアインテーク付ボンネットは迫力ありますねぇ。
herunaさんの車の横に並ぶと、一回り痩せた車に見えます。

寒風吹きすさぶ中、凍えながらひとしきりお話をして、
今度は2台連なって鳥羽展望台を目指します。
posted by wanted_celica at 12:59| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

ZZTセリカのホイール選び

momokaさんリンク記念としてZZTセリカも色々履かせてみました。
コメンテーターの皆さんからリクエストの多かった物をチョイスしました。

まずはmomokaさんと同じOZクロノ
oz_crono.jpg

そしてリクエストの多かったPRODRIVE
ZZT_prodrive.jpg

次にこれ
ZZT_bbs_hosorimu.jpg

momokaさんがゴールドなら履いてみたいという田舎臭いやつ
ZZT_5supo_ganmeta.jpg

それからADOVANも
ZZT_adovan_s2.jpg

どれも味わいがあってよろしおますな〜。
ちなみに田舎臭いやつはネットで5,800円くらいで売ってました。

追伸:
新たなホイール入手致しました…。
まだ手元に届いておりません。
エントリーされていた18種類の中に入っていないものを落札してしまいました…(汗)。
また取り付けられないことになったらば、御報告いたしまする…。
付けられてもフェンダーからはみ出ちゃったりして…。
キャ〜!!
posted by wanted_celica at 20:12| 三重 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

セリカ惜しかった…

20060504_super_gt_01.jpg

今日の午後からはデスクワークということでPCの前に…。
すると今からスーパーGTの生中継が無料で見られるとのこと。
見てしまいました…。3時間以上…。
松田君の応援もあったので、見てみたら面白かったです。
今まで、地上波の毎週日曜のダイジェストしか知らなかったもんですから…。

開会宣言をするオートバックスのおじさんがマイク入ってないのに宣言しちゃってもう一度。
残念。

松田君最初にスピンして、残念。
でも本山氏の猛烈な追い上げでいいところまで行ってよかった。

セリカはそのままいけば優勝だったのに左前輪タイヤ外れて、残念。
でも再びコースに復帰したのはカッコ良かったぞ!
少し壊れたままで走るウェッズスポーツセリカは
うちのセリカと『壊れ具合だけ』一緒だぞ!

脇阪寿一も惜しかった!
最後の飯田との2位争いは素晴らしかった!
飯田の執念も凄かった。
20060504_super_gt_02.jpg

高木虎之介も一回も乗れなくて残念。
立川が途中に復帰してコースレコードを作ったのはさすが!

ハンコックも頑張ったね〜。
今後、タイヤメーカーの勢力図も変わって行くでしょうね…。

それにしてもレクサスって一体なんなの?
速いですね…。
トヨタSC430って名前にしたら遅くなるのか?

あ〜あ〜。
デスクワークできんかった…。


posted by wanted_celica at 17:21| 三重 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

セリカがトヨタのHPラインナップから消えました。

20060410_celica_minicar.jpg

トヨタのHPのラインナップをみたら『さ行』にセリカの文字がありません…。
製造中止になるとは聞いていましたが、その時が来ると寂しいもんですねぇ。

1970年10月 初代20系セリカ1600GT発表
1973年04月 リフトバック追加
1977年08月 2代目A40系セリカ
1981年07月 3代目A60系セリカ
1985年08月 4代目ST16#系セリカ
1989年09月 5代目ST18#系セリカ
1993年10月 6代目ST20#系セリカ
1999年09月 7代目ZZ系セリカ(別の資料では8代目とあった)
2006年04月 終了
  
もう新車のセリカは買えなくなるんですねぇ。
もともと買えないですけど…。

アルティメットの掲示板によるとベストカー5月26日号でセリカの特集があるらしい。
特集があること事態は嬉しいけれど、
SL(蒸気機関車)が廃止される時に雑誌で特集されるような感じがしてこれまた寂しい…。
posted by wanted_celica at 20:53| 三重 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

セリカ vs シビック

ZZTセリカとEK9シビックではどっちが早いんでしょう?
セリカだと思うけど実際は?
結果は下をクリック

Google video(GT-S vs typeR)

うぅん…。現実は厳しいのね…。
でもトヨタらしいのかもしれません。
トヨタと日産の色合いの比較はこれを見るとなんとなく感じますね。

Google video(supura vs skyline)

それにしてもこんな映像を見れるなんて便利な世の中になったもんだ。
posted by wanted_celica at 00:09| 三重 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

トヨタセリカリフトバック TA27? 1973年

20060227_celica_1979_photo.jpg
セリカという車がカッコイイと思うようになったのは
このリフトバックが出てからだと思います。
小学生の時から時々見かけるようになって、中学生の時に撮った写真がこれです。
1978年の夏に家族で泳ぎに行った際に近所に停まっていたセリカをパチリ…。
こんな写真をいままで持っていたのが自分でも不思議です。
今のST183乗りの原点となった写真です。
この当時すでにTA27セリカはフルモデルチェンジされて
初代セリカダブルエックスも発売されていた時期だと思います。
でも、写真のセリカがよかったんです。
バナナテールかっこよかったです。
アルファロメオ156ツインスパークやプジョー206の
スタイルに惹かれるのはこの手の形が好きなんでしょうねぇ。
posted by wanted_celica at 19:44| Comment(7) | TrackBack(1) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

トヨタ博物館にて:トヨタ2000GT

toyota_museum_toyota2000gt_1.jpg
トヨタ博物館に行ってセリカに次いで注目したのはトヨタ2000GTです。
トヨタ博物館の資料によると1965年に登場したそうです。
この時代にこんな車が登場していたなんて驚きです。
シルエットがなんとなくST18系に似ていると思うのは私だけでしょうか…。
リトラクタブルヘッドライトを使っている所も。

性能は当時で
総排気量:1988cc
・最高出力(PS/rpm):150/6,600
ということなので、比較する対象として見てはいけないんですね…。

約四半世紀後登場のST18系と比べて古さを感じさせないのですから凄いです。
そしてそれから20年弱が過ぎようとしている今でも、この2台はインパクトを持ったデザインのように思います。

並べて書く事自体、2000GTに失礼か?
posted by wanted_celica at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

トヨタ博物館にて、初代セリカを鑑賞

toyota_museum_celica_ta22_1.jpg
2003年5月にトヨタ博物館に行って来た時の画像です。
その後、昨年もう一度行きました。
1960年代以降の車のブースは、展示車が現役で走っていた姿を見ているためか、大変興味深く見学しました。
それぞれの自動車メーカーの名車が展示されている中で、やはり、セリカに目がいきます。
今乗っているST18系もいいですが、この1970年に発表されただるまセリカはかっこいいですね。
乗ってみたいです…。
posted by wanted_celica at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | another CELICA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。